AMAZONEの息子

v.6 夏の思い出 その2
2002.10.9


 夏休みにはね、Mちゃんも来るようになったんだよ。 Mちゃんのお父さんは、すっごく昔にアーチェリーをやってたんだって。
 いまはね、Mちゃんも弓を買ってもらって、30mまでれんしゅうしてるんだよ。 でも、しんちゃんの弓のほうがかっこいいとおもうな。
 Mちゃんは、小学校の5年生だけど、しんちゃんのおかーさんと背がおんなじくらいなんだよ。すごくお手々が長いから「腕が長いのは弓をやるには有利だよ」って、おかーさんがいってた。
 ねー、ねー、どーゆーいみ?

父と娘
奥にいるのがお父さん
麦わら帽子
ぼくも、がんばって練習するよ!

●●●  今年は入院したかねーぞ ●●●

 弓とは関係ないんだけど。
 お元気坊主のしんちゃんだが、実は「気管支喘息」だったりする。 季節の変わり目や、台風による気圧の変化や、風邪ひきなんかで喘息が誘発されて、ちょこちょこと発作を起こす。
 「秋型」なのか?去年と一昨年、秋口に大きな発作を起こして入院している。 まぁ数日間の入院だし、最初の入院の時はかなり焦ったが、2度目ともなれば(またか)と思うくらいで、対応の仕方もわかっている。 喘息とは上手につきあっていかなくちゃね。
 それでも、秋になるとちょっとピリピリしてしまう母である。今年は入院生活なしで過ごせたらいいなぁ。


今月のしんちゃん:楽しい楽しい運動会。
「しんちゃんねー、4等だよ」という息子に、
「ちがうよー、しんちゃん、5等だよー」と、
クラスメイトにツッコマれる(^o^)