AMAZONEの息子

v.34 クワガタ虫
2006.5.23


母:(弓の話題じゃないんですが)
転職で食い倒れの大阪に行っちゃったサブちゃん、元気? また太ったんじゃないの? 弓は引いてるんかいな。
 去年の夏に、息子のために近所の林で採ってきてくれた2匹のクワガタ虫、元気だよ。
 秋ごろ、へぇーまだ生きてんだと驚いていたけれど、なんと越冬して、この春、無事に起きてきたんだな。 サブちゃんに似て、生命力が強いのか!?
・・・と思っていたら、今朝方見ると、1匹昇天してました(T_T) う、どうしたんだろ?
 もう1匹は長生きしろよ!
クワガタ
サブちゃんのくれたクワガタ。

●●● スコープの雨よけ ●●●

 アーチェリーは3射(本)又は6射(本)してから矢取り(的まで矢を抜きに行く)なんですが、 長距離になると裸眼じゃ、どこに矢が当たったのか、矢取りに行くまでわからない。
 で、それまでの間はスコープや双眼鏡で当たり所をチェックします。
雨よけカバー
うーん、考えたね!
 が、これからの季節、梅雨です、雨です。
 雨でも試合はあるので、弓は濡れるし、自分はカッパ着ててもじきにしみて濡れるのよね。 でもスコープを濡らしちゃうのは困る。
 内部に雨がたまって、サビたりカビが生えちゃう。 普通はスコープの上にタオルをのせたり、周りをビニール袋でおおったりします。
 でも、こないだ射場で、面白い物が(^o^) I本さんのお手製。
 写真のスコープカバーは、百円ショップのスパゲッティー保存用の筒を使用したそう。 2つに切って、上手く組み合わせてます。 下側の三脚との接点の部分は、切り込んで差し込めるようにして。
 なんか、すっきりして、専用のカバーかと思っちゃうじゃない!
 御満悦のI本さんでした。


最近のしんちゃん:めずらしくお父さんが
お休みになったので、ゴールデンウィークは
群馬県の自然史博物館へ。非常に良かった。
展示が工夫してあるし、アノマロカリスの
ジオラマもあったし、動く恐竜には恐くて
固まっていた息子でした。