AMAZONEの息子

v.2 なんでも1人でやりたい、4歳
2002.5.19


かわいい
 ぼくだって、ひとりで弓できるもん。
 おかーさんが、しんちゃん用にマトを作ってくれたんだよ。おじーちゃん(会長:当時)が台も作ってくれたの
 ねーねー、あのおじーちゃんの『タイヤとイスが合体したの』は、なんてゆーの? (母:この表現には笑った。合体かぁ。ロボットかい!)
 『車イス』って、ゆーんだ。ふーん。
 あ、手話のおじちゃん(聴覚障害の人)が来たー!  またお菓子くれるかなぁ〜。
 ねー見て見てー! 上手になったでしょー!
 あれ・・・Mになっちゃった。(M:ミスショット、はずれ、0点の事)

● しんちゃんの的(マト) ●

しんちゃんの的
マトを乗せる通常より低い台。
(幼児の身長で大人用のマトは高すぎる)は、
会長が作ってくれた。
 なんたって、しんちゃんは小さくて力がない。
 彼の弓の強さは表示15ポンドだが、その威力を出し切れるハズもなく、当然、矢の勢いもない。 ゆえに通常の的では的面(まとめん)が固くて、矢が刺さらずに跳ね返ってしまう事もあった。
 的にタン!と刺さるのが結果として面白いわけで「当たった!」という喜びにもつながる。
 さて、どうしよう・・と考えて、発砲スチロールの板に的紙(ターゲット)を張り付けた。 これを通常使用している畳の前に重ねて、なんとか的に刺さるようにした。
 ついでに的の点数もマジックで記入(2016年現在、白抜きで点数が表示されてる的紙は、当時存在しなかった)。これなら、当たった時に点数がわかりやすくていいか。 とりあえず数字(と、M)は読めるようになった、しんちゃんである(でも書くのは、まだあやふや)。 ただし10までだけど・・
紅葉してるな

 初めてひとりでやらせてみた頃の写真。
うひゃひゃ(^o^)
いかにも、お子様ですなぁ。
射る

顔ぺちゃ
おおっ!なんか、サマになってる!
引き手で顔が歪んでるケド(2002.4)

 ど〜も、彼は弦を引き過ぎるんだが、私が直す間もなくリリース(はなつ)してしまう。ものすごいハヤケ。 ま、仕方ないか(^^;) 体力ないし。


今月のしんちゃん:連休中、右耳の後ろが腫れて 休日診療所に行ったけど、本日小児科に行き 「おたふく風邪」と診断されてしまった。
しばらく自宅軟禁状態の母子である・・
(2002.5.8)

AMAZONEの息子