AMAZONEの息子

v.19 マスコット達の会話
2004.7.17


 しんちゃんのクィーバー(矢筒)付属のマスコット達、
ねこにゃたれぱんの会話。

ねこ: ねーねー、知ってる?

ぱん: なにー?

ねこ: しんちゃんたら、最近あたし達を全然おもてに出してくれないけど、弓やめるって言ってんのよっ!

ぱん: えー? そーなの?

ねこ: 困っちゃうわよね。ずっとアーチェリーケースの中だと、シケっちゃうじゃない。カビなんか生えたら、いやーよ。

ぱん: そーじゃなくてぇ。

ねこ: あ? しんちゃんの事? まあ本人が『やらない』って、ゆーんだからぁ。

ぱん: そぉーなのかー。

ねこ: ひと月は、引いてないわね。逆に言えば私たちが外に出されてないってゆーか。ちゃんと使ってほしいわよ。

ぱん: さみしーねー。

ねこ: でも子供だしさ、わかんないわよ。また始めるかもよ?

ぱん: 早く外に出たいよねー。

ねこ: それよか、新しい女の子が来たわよ。やる気満々なの。男の子もね!

ぱん: 見習ってほしーなぁ。


ねこにゃとたれぱんだ
クィーバーで応援してます。

4人さまご案内
右から、見守る父、母、妹、兄。

兄妹
兄ヨシくんと妹アヤちゃん。
解説(母):30年前にワンピース・ボウを引いていたというお父さんを頭に、 お母さんとお兄ちゃん、妹の御一家が入会しました。 弓に復帰したいお父さんを差し置いて、子供達が妙にハマってます。
 女の子は小学4年のアヤちゃん。おお! ミミちゃん(M.Aちゃん)と同じ年令じゃないか。これはいいライバルになりそう。 兄のヨシくんは中3、受験生。K東高校にアーチェリー部があると教えたら、 進路を考えているって? おいおい(^^; 君の家からじゃ遠いぞ。
 それだけ気に入ってくれるのは、うれしいけどね。
先輩だもん
ミミちゃん
 さて、息子はといえば、マスコット達が心配しているように「弓をやめる」と言ってます。飽きたのか?  でも射場に遊びにくるのは好きだし、母が来る以上、一緒なわけだから、今後は不明。 やりたくなったら、やればいいし。
 うーん、このHPは改装なのか!?

 その日、ミミちゃん(M.Aちゃん)も、いた。 彼女もアヤちゃんも内気で、会話らしいものはない。
同い年のアーチャーが現れた事で、 少女たちの今後がどうなるのか、楽しみです。

●●●  おじさんも、がんばってるぞ ●●●

 がんばっているのは若い子ばかりでは、ありません。
がんばるY川サン
 以前、白河合宿にも参加していたY川さんは第9回マスターズ大会にも出場してました。 点数は聞いてませんが負けたそうです。誰に? 同年代のライバルに。
 Y川さん、来月の国体関東ブロック予選、栃木県成年男子選手のひとりです。


最近のしんちゃん:すでに夏休みが
目の前に。なんて早いんだ。
カラ梅雨のおかげで、息子はすでに
真っ黒に日焼けしてます(母も)。