AMAZONEの息子

v.10 ニューフェイス
2003.5.26


 また、おともだちが来たんだよ。しょーがくせいのM.Aちゃん。 はじめはね、ぼくの弓をかしてあげたの。それでそのあと、弓かったんだよ。 ぼくのより、すこし大きい弓なんだ。
 しんちゃんね、いろいろおしえてあげたの。ストリングの上と下とか。 スコアは大きいほうから、かくんだよとか。
M.Aちゃんもまだ小さいから、しんちゃんと同じマトで射ったの。 いっしょに射ったり、かわりばんこに射ったりしたんだよ。
 M.AちゃんのおとうとのYくんは、4さいで弓は射たないけど、いっしょにブロックであそべるからたのしいよ!  またらいしゅう、きてね!
M.Aちゃん
弓はカーテルの
48インチ、16ポンド。

小さなアーチャー
小さな子供が並んで射つ、夢のような光景。
まるで海外のアーチェリー雑誌のよう。
解説(母):4月の初旬に射場に来た、小学3年生のM.Aちゃん。 旅行先でアーチェリーを体験した彼女、もっとやってみたいと言う事で、 お父さんがネットを検索してこのHPを探しあてたのでした(ありがとー)。
 とりあえず息子の弓を引かせて、楽しんでもらいました。その後「弓を続けたい」とのうれしい言葉。
 例によってアサヒ弓具さんに注文した所、息子が使用している弓はすでに売り切れ。
 たしか2月にお店に行った時にはあったと思ったんだけど(^^; 誰が買ったんだろう?
ママだって!
娘に負けじと
お母さんもがんばる!

 どう考えても小学校低学年までしか使えないサイズだから、 どこかで小さなアーチャー(アーチェリーする人をこう呼ぶ)が誕生してるんだね!  うれしいなぁ。
 M.Aちゃんには、新たに子供用の弓を捜してもらい、最近ようやくマイボウが来ました。 そして彼女のお母さんまで、いっしょに弓を注文して、アーチェリーライフに突入だっ!
当ってるー

軽く5mで慣らしてから10mに。
何回目かでゴールド!
やったねM.Aちゃん



今月のしんちゃん:4月、小僧はまるで弓を
引かなかった。「ひかないもん!」また反抗期か(^^;
と思ったら、最近はやたらとがんばっている。
M.Aちゃんの影響か? そうそう、今日初めて母の
補助無しで自分ひとりでストリングを張り、
バラしもひとりでできました。えらい!