AMAZONEの息子

v.1 弓を手にした3歳の冬
2002.3.27


ひとりで矢取り
ぼくが、しんちゃんだよ
 ぼくは、しんちゃん。2才のころからおかーさんとアーチェリー場で遊んでる。 おかーさんはアーチェリーして、しんちゃんは後ろで、ブロックとかトミカで遊んでたんだよ。
 そして、ぼくが3歳の冬、おかーさんは、いった。
「タイガーウッズだって3歳からゴルフを始めた。お前もがんばるんだ!」
・・・よくわかんない。

こうだよ
しんちゃん、初めて自分の弓で射った時
(2001.11)

 でも、おかーさんはぼくに、かっこいい弓と矢を買ってくれたんだ。 矢には ちゃあんと『しんちゃん』って、名前も入ってるんだよ。 アサヒ(アサヒ弓具)のおばちゃん、ありがと!
 やったね! しんちゃんも、おかーさんといっしょに弓を引くんだよ!
「よし! まずは5mで練習だぁ!」 ねぇねぇおかーさん、『ごめーとる』って、なに?