子供がアーチェリーを楽しむために

(保護者がアーチャーでない場合)

 ところで! しんちゃんは3歳8カ月の時からアーチェリーを始めてはいますが、 これはかなり特殊な例だと思って下さい。 教える私がアーチャー(アーチェリーをする人)であり、かつ、子供が練習可能なのんびりとした、地方の射場があってこその事です。
 時々、ネット上で弓を知らない保護者が 『小さい子供がアーチェリーをやりたいと言っている。弓の値段はどのくらいか?』 『まわりに民家がないので庭でアーチェリーできそう』みたいな書き込みを目にする事があります。
 もちろん、小さな子供でもアーチェリーは楽しめます。 が、それはあくまでも指導してくれる人がいてこそです。 保護者がアーチャーであるのなら、いくらでもマンツーマンで教えられますが。

 インターネットが普及して、ネット通販でも弓具が購入できるようにもなりました。 何も知らない人が弓を手にする事が可能です。 情報を集めれば、弓についてのある程度の知識を得る事もできます。
 しかし、弓矢は十分凶器になりうるものです。 何も知らない親が、子供に弓を買い与えて、わからないままに遊ばせるものではありません。 怪我をしたり、ましてや怪我させたりしてからでは遅いのです。

 お子さんが弓に興味を持ち、始めてみたいと思うのなら、 保護者の方は地元のアーチェリー協会やアーチェリークラブ等に問い合わせてみて下さい。 間違っても、通販で弓を購入して、自宅で始めたりしないで!
 場所によって違うとは思いますが、保護者同伴で小学校高学年くらいから、 あるいは中学生以上から受け入れてくれるのではないでしょうか。
 また、民営のレジャー施設等でアーチェリーを体験できる所もあります。営利ですからそれなりの金額はかかりますが、てっとり早く遊んでみたいのなら、それもいいと思います。
 まずは、お問い合わせ下さい。 各地域のアーチェリー団体等は、リンク集に載せてありますので、ご参照ください。

AMAZONEの息子

キャデット・ボーイ

あばうとアーチェリー

リンク集

サイトマップ

気になるアーチェリー用品の値段に戻る
PC版   スマホ版