キャデット・ボーイ

shoot:68 足利市民大会
2012.12.28


※ 的の色は:中心から黄(10,9点) 赤(8,7点) 青(6,5点) 黒(4,3点) 白(2,1点)
 長いなー、足工大までが。何時間だったっけ? それだけかけて行ったわけですけど、上手く射てなかった気がします。まぁ、やってなかったしね。
 今まで練習していた土曜日を、塾の時間として消されています。アーチェリーが無くなったからって私の土日は、結局忙しいんですね。
 まあここまでくると、さすがに受験とかの問題も無視する事ができません。 今までは「どこどこ高校行けたらいいなぁー」ぐらいの感覚だったんですけどね。
 勉強に費やす時間は、確実に多くなっています。
(でも遊ぶ時間は、しっかり確保! 最近はもっぱらRPG制作だよ(^^))
 勉強しろよ!(母)
コタツで
賞品のバッグ。メガネは
近眼じゃなくてJINS PC。

解説:母 すみません。ネタは、だいぶ前の10月21日開催、足利市民大会です。
 親族の不幸や宇都宮射場の閉鎖で、夏から練習できていないもので、大会1週前にも同じ会場で若干練習できたものの、体がついていかないです。
 私は試合完射が目標で、弓が重くなるサイドロッドは外しました(^^;)。それでもゼイゼイしながらですけど。 点数は、さておき、久しぶりのアーチェリーは楽しかったですね。
 広くてきれいな、足利工業大学のラグビー場を使用しての大会で、天気も良く、気持ちよく弓を引く事ができました。(お弁当も豪華だったし)
 さすがに息子は若いから、きついと言いながらも、そこそこ引けて254・291で、545点。 ぜんぜん練習できていないんだから上等じゃない?と思うけど、本人は不服のようです。
 例年試合は1立ちのようですが、今回は宇都宮からの参加が多く2立ちになり、休憩ができるのでありがたかったです。 ただ残念ながら、デジカメを持っていくのを忘れました。 また私と息子は同じ立ちだったので、携帯で写真を撮る暇もなく(息子の方が、だんぜん早射ち)、私は完射するのに精一杯で、当日の写真がありません。
 せめても、息子がもらった賞品(オープン・リカーブ キャデットの部)の写真、載せておきます。黒のディバック、今では通塾バッグに利用してます。
 足利アーチェリー協会の方々、足利工業大学の方々、ありがとうございました。
 さて、中3の息子は高校受験を控えています。志望校にはボーダーライン上の成績なので、さすがに11月末から学習塾に通わせています。 12月の県インドアは日程的には参加可能だったのですが、塾の模試、下野新聞社模試、学校の定期テストと怒濤のように続いた勉強疲れか? 「インドアは、いいや」と不参加。 まあ、足利市民大会以来、練習もしてないんですが。
 1月・2月のインドアも出られるかどうか? ちなみに、志望校にアーチェリー部はありません。 住まいである県央部にアーチェリー部は無いので。そこはそれ、今までと同じように活動してればいいわけで。
 それにしても塾って、高いですねー!


最近のしんちゃん:塾の冬期講習で冬休みが
終わると、学校の実力テストや私立校入試、
地元新聞主催の模試と予定はびっしり。
なのに、空いた時間はパソコンで
ゲーム制作してる、受験生です。