キャデット・ボーイ

shoot:67 来た! W杯とキャデットバッジ
2012.10.8


※ 的の色は:中心から黄(10,9点) 赤(8,7点) 青(6,5点) 黒(4,3点) 白(2,1点)
 雨がー、雨がー、降っているー。最初ポツポツだったのにー、進行と共にザブザブに変わるー。とにかくぬれるー。  視界も悪くなるー。
 とりあえず、見には来たものの、立っていた場所が悪かったり、他の人の傘などでアーチャーが見えず、モニターで見るというさみしい事を、最初はしていました。
 その後、関係者席に行くと、まぁ、見やすい、見やすい。 見やすいのはいいんだけどね、今度は方向が悪くて、アーチャーの背中(右利きの場合)しか見えません。 結局、なんかあまり見えなかったかな。
ひな壇から
関係者席より的方向。

解説:母 ついに来た! アーチェリー ワールドカップ ファイナル in 東京! リカーブの9月23日(日)に日比谷公園に行きました。
的とスクリーン
的と、大型スクリーン。
 とはいっても、県の協会から送られてきた関係者チケットは1枚だけ。2枚申し込んだのに1枚って、なに? 「全ア連からは、申し込んだ枚数よりも少ない物しか来なかった」って、多めに申し込んでおいてよぉー!
「一般はチケット無しでも入れるそうだから、よろしく」うーん、行ってみないとわからんなぁ。大丈夫かしら。
 そしたら・・・当日は雨。前日のコンパウンドは曇りだったのに。朝から雨、天気予報では「10月中旬の寒さでしょう」。 今年は真夏のような9月なのに、どうして今日ばかり。でも小雨だからなんとか、と思っていたけど会場に着く頃には、さらに雨。 会場には入れましたよ、ええ。 無料の一般席で、息子とふたり。
 前で傘差す人もいて、うーん、シューティングラインが、ぜんぜん見えない。 仕方ないので、的と、大型スクリーンに映る選手を見てました。 途中からは土砂降りで、ずっと後ろの方で、傘を差して立ち見。 足の下は川みたいに水が流れてた。ああ、ひな壇の関係者席で見たかった。
雨の的紙交換
雨の中の的紙交換。
 1射20秒って、少ないなー! キツイわ! ちょっと変でも、引き戻ししてる時間ないじゃん。 オリンピックになって、テレビ放送用に競技規則が変わったりしたのと同じなんでしょうね。 観客が見やすいように短い時間で、サクサクと進めるために。残念ながら午前中で、メダリストの日本勢は敗退。 オリンピック以降、雑務で練習時間が少ないんじゃないかと想像してみたり。 さすが韓国勢は、射形がきれい、すばらしい。
 試合の写真、撮ろうと思ったら、デジカメのバッテリーが切れました(^^;) 携帯での写真、小さいです。
ひな壇から
ひな壇からの画像。
 ただ雨は服に染みるし、寒いしで、息子は「見たいのはわかるんだけどぉ、帰りませんかぁ」まてまて、もうちょっと。 それでもさすがに朝から雨の中、立ちっぱなしで濡れて限界かと思い、お昼に公園内のレストランに一時避難。もうびちょびちょ。
 仲間は来てないのかとメールしたら、イシゼーさんが来てた。レストランの場所を知らせて合流。 聞いたら、他にも仲間はいたけれど、雨がすごいので午前中で帰ったとの事。イシゼーさんもこれで帰ると。
 えっ、じゃあ関係者チケット貸して! 無駄になってた私のチケットと合わせて、息子と二人でひな壇から見られる! せめて、あそこから見てみたい!
えー、まだ見るのー?とゴネる息子をなだめながら、午後の試合を、関係者席で。ああ、見晴らしがいい。 これで雨さえなかったら、良かったのにねぇ!
 ちょこっとだけ観戦して、会場を後にしました。
 そして本当は一番期待していた、各メーカーのブース。・・ありませんでした。事前に聞いていたけど。
 これはお金の問題。会場の日比谷公園を借りるのに、営利目的だと使用料がケタ違いに高い。 メジャースポーツと違って日本じゃスポンサーもわずか、お金の無い全ア連が大金払えるわけもない。 だから、会場使用料を安くするために観戦も無料にし、営利目的のアーチェリーメーカーや ショップのブースも置けない。
シューティングライン
シューティングライン。
 天下のワールドカップだっていうのに、こんなに地味な大会です。今まで他国の大会では、ものすごく派手にやっているのに(雑誌見ると)。
 なんとかしてくれないの? 東京都! 国! もうちょっとバックアップして欲しかったわー!!!!  サッカーの時なんか、あんなにお金使ってくれるくせに! W杯限定のグッズとか、絶対いっぱいあったと思う。欲しかったー!
 来年の東京国体の時には、観戦に来ようと思います。国体とかインターハイの時には、ブースが並んで派手なのよー。
 雨の中、競技も撤収作業も大変だと思います。開催に関わった関係者の方々、お疲れさまでした。 昼休み、「雨に歌えば」がBGMで流れていたのが笑えましたが。
 会場の片隅でテントを張ってアーチェリー体験もありました。ちょこっとのぞいたけど、小さい子がいたかな。 そんな子が、はじめてくれるといいですね。

●●● キャデットバッジ ●●●

 チケットと共に届きました! 全国アーチェリー連盟(全ア連)のキャデットバッジ。(AJAF = ALL JAPAN ARCHERY FEDERATION)
 シブヤキャデットの結果を受けて申請した物。高校生以上のスターバッジと違うんですね。形も色も違う。 なんせ、キャデットバッジなんか見たの、初めてだもんで。グリーンバッジは、全種別・全部門、同じだし。
 キャデットは年齢限定で長期間必要になる物ではないせいか、グリーンやスターバッジのような、通しナンバーは無いです。
認定証とバッジ
認定証とバッジ。
 アウトドア・ラウンド(シングル)1000点以上で、キャデットの青バッジ。青って、1000点だと平均6.94点で的の色が青になるからか? 認定証まで付いてます。認定証なんて今まであったっけ? 私のスターバッジの時、バッジの他はなんも無かったような。 最近はあるのかなぁ?
 私が子供を教えるようになったのは、息子を産んでから。宇都宮の初心者講習会も原則中学生以上だったし。 小学生を受け入れるようになったのは息子以降、私が面倒見ますからって事で。
 それまでは、ほんの時たま中学生がいても、競技でバッジ獲得するほど長続きした子は、いなかったし。 マーちゃんは息子より早くバッジを申請したけど、届いたバッジ見たっけ?
 そう考えると、これほど長い間、教え続けてきた子供ってのは息子だけなんですね。 私としても小さい子をどう教えていくのかは手探りで、初めての経験だったわけで。
 キャデットバッジは、感無量ですね。やっとここまで来たかーって。そして年齢限定のキャデットですから、今しか獲得できない。 中学3年の息子は、多分今年で最後。
 全ア連の規定では、
「協議会が開催される年の4月2日以降に17歳の誕生日を迎える競技者は、キャデットの部で競技に参加することができる」 (国際大会は、また別)
とあっても、現実問題としては「中学生以下=キャデット」「高校生=少年」の種別に分かれている場合がほとんどなので。
キャデットバッジ
キャデット青バッジ。
 アウトドア・ラウンド、キャデット男子は70・60・50・30m、各36射なのに対して、少年男子は90・70・50・30mで、大人と同じ。 来年90mは、きついなぁ。(ちなみにキャデット女子は60・50・40・30m、少年女子は70・60・50・30m)
 アウトドアの試合は秋で終わる。だからバッジが欲しいなら、それまでに結果を出さないといけない。県内の試合で、残り2試合。 次は1100点を狙っ て・・・と思っていたのですが。
 残念ながら、事情により宇都宮の射場が閉鎖になりました。射場再開のメドは、まだ立たず、練習できません。 短距離ならまだしも、アウトドアラウンドに練習なしで試合参加する気にはなれません。試合にならないと思う。
 そんなわけで、9月の試合には参加しませんでした。息子のキャデット記録は1068点で終わるのかなぁ?
 後は、インドアですね。インドアバッジを狙っていくか。

最近のしんちゃん:家庭科のテスト
「知っている繊維の名前を書きなさい」。
息子は「カーボン」と書いた。
うんうん、カーボン繊維あるよね、って
先生知ってるかよ! 当然ながら、マルは
もらえず。私なら「ガラス」も書いたかな?