キャデット・ボーイ

shoot:63 新しい弓
2012.5.22


※ 的の色は:中心から黄(10,9点) 赤(8,7点) 青(6,5点) 黒(4,3点) 白(2,1点)
 今さらですが、新しい弓になりました。色は好きです。が、ちょっとサイトとの色の差があるため、若干サイトが浮いてます。 プラス、ダンパーが赤くなりました。イチゴちゃんです。
 最近少しずつ点が上がってきております。なんでしょうね。射ですか、弓ですか、それとも練習量ですか?
 そういえば押し手の皮の一部(ピボットポイントのトコ)が硬くなった気がしたり、アームガードの跡だけ白くなったりと普通の人には無いような、 ぶっちゃけると異変が起こっております。これは3番目の練習量の事でしょうか。
がしがし練習
50mも当ててねー。

解説:母  グラスリムを使っていた息子ですが、そろそろ安くてもいいからカーボンリムにしようかと。 ネットショップで型落ちの特売品でもないかと捜していた先月、たまたまアウトレット品としてホイットのネクサスハンドルがとっても安価で出てました!  なんと27,500円!
新しいハンドル
青が母、赤が息子の。
 値段を見た瞬間(どの色にしよーかなー?)。結局自分と、しんちゃんの分、2本買いました(^^;)  23インチのショートですが、息子が使っいるホイットのエクセル、最近ではリムの強さに対してさすがに軽すぎるように思ってましたので。 今後の身長の伸びを考えると息子には25インチがいいんですが、そっちはさほど安くなかったので。25インチの方が需用があるからでしょうね。
 2年くらいは使えるんじゃないかな? 使用不能になったら、私がインドア用に使ってもいいし、誰かに流してもいいし。 あまりの値段の安さに、ゆうぽんママにもメールしたら、彼女もすぐさま購入。色は私といっしょ、ずっと欲しい色だったそうで。 私と彼女が注文した時点で、その色は「在庫なし」に変わりました(^o^;) 写真のは、別売のウッドグリップに付け替えてます。
 その後、少しポンドアップした息子用の安価なカーボンリムと、矢もいい加減使い古したので、カーボンワンで1ダース購入。すっかり弓が新しくなりました。
70m
マーちゃん。70mは遠い。
 弓具が新しくなり慣れないせいもあるのか、参加を予定していた5月に埼玉県での「関東キャデット大会」、申し込み直前になって 「当たらないから、出ない」と、テンション下がった様子で言い出す息子。50mを練習していても、思うような射が出来ない。 何がいいのか悪いのか、気持ちが落ち着かないような感じです。
 試合に向けた気持ちになれないのに、無理に出す事もないので、今回は見送ります。
 ただひとり、マーちゃんはキャデットシングル(70・60・50・30mを各36射)で参加してます。初めてのシングルラウンドでしたが、なかなかの結果でした。
 マーちゃん、背は私より10cmほど小さいのに、矢の長さは変わらないほど。 そんなバカなと、私と背中合わせで両腕を上げて腕の長さを比べたら、私よりちょこっと長い。 ああ、今の子はホントに手足が長いんだとつくづく思いました。だから70mも届く。リーチが長くて、おトクだなー。
近射
横1列に近射中
 写真は、関東キャデット前日の練習風景。マーちゃんは70m、息子は50m。息子だって、とっくに70m射てるポンドなのに、50mが当たらないのでやりたがらない。 まぁ、本人が納得しないなら仕方ないです。
 ゆうぽんは、現在近射でイシゼーさんの特訓を受けてます。 早気(はやけ)を直すのに、最終手段でクリッカーを付けて「とにかくクリッカーが切れるまでは離すな!」と。
 不思議な物で、いくら口で言ってもダメなのに、薄いクリッカーの板一枚あるだけで、今リリースしちゃマズいと意識に深く刻まれるんでしょうか、 それなりに引けてます。まだ、クリッカーが切れた時にあわてて、ビクっとリリースしちゃいますけど。


最近のしんちゃん:アニメ「鷹の爪団」に
ハマってます。製作の「蛙男商会」って、
「スネークマンショー」かよっ!
と、突っ込んでしまう年令の父母です。