キャデット・ボーイ

shoot:51 成長期
2011.5.15


※ 的の色は:中心から黄(10,9点) 赤(8,7点) 青(6,5点) 黒(4,3点) 白(2,1点)
 はい、成長期の、しんちゃんです。ただいま、弓も成長中です。 なんか、リム変わったり、ストリングも変わったりー、サイトも変えようと話もあったり、パワーアップというよりは「チェンジ!」してるよね。
 でもなんか、体の方がまだ強いリムに完全に慣れてないと思うんだよね。そう考えると私は、弓よりももっとパワーアップしなきゃならないんですね。 でもそうすると弓の方もまたパワーアップする事になるんでしょう。
 おかーさん、金銭面、だいじょうぶ?
HIGOちゃんと
HIGOちゃんに、射をみてもらう。

解説:母  実質ポンドの低い息子が30mを飛ばすために、私が自作した8本弦のダクロンストリングですが、もう卒業のようです。
月例会賞品
月例会の年間賞品、いろいろ。
 気付けば、息子の背は私(160cm)を超え、ストリングが伸びる、伸びる。 つい最近では、ほんの30射程度で、ストリングハイトが1/2インチも伸びてました。
 ダクロン、すごく伸びるとは聞いていたんですが、自分が持ち弓になった時にはファーストフライトだったので、あまり経験として無かったのです。
 息子はずっとダクロンですが、小さい時って、それこそ実質ポンドが低いので、あまり伸びませんでした。 ところが中学生になったあたりから、ストリングが伸びるのが大きくなります。リムの表示ポンドも20を超えた頃かなぁ?  ストランド8本だから、よけいに1本あたりの負担が大きいのでしょう。
 ちなみに同じサイズで作った、1歳下の、ゆうぽんのストリングは、あまり伸びません。身長と実質ポンドの違いでしょうね。
「ある一定の実質ポンドを過ぎると、ガンガン伸びる」のだろうというのが、私の実感です。
 それ以外にも、息子も中学2年になったし、弓のセッティングを変えないといけないかなぁ、などと思う今日このごろ。 なんせ、身長がズンズン伸びてますから。現在、64インチ22ポンドの弓ですが、もう66インチでいいよな、ポンドアップもしよーかと。
 一番上の写真は、私の弓(28ポンド、グラスリム)を引かせてみている所。特に問題なく引けます。と、いうか22ポンドの時より、ドローイングがいい。なんでだ? 
「余裕で引ける弓だと、どうにでも引けちゃうし、背中がラクしちゃうからでは?」とはHIGOちゃんの意見。うっ、たしかに一理あるかも。
 ハンドルは、あげないけどねー。私はカーボンリムに戻ればいいんだし。
 さてさて、5月に2010年度の月例会の表彰式がありました。3位までのトロフィーの他は、順位順に好きな賞品を選んでいく方法。
グッドな賞品
ウエストポーチとツールキット。
 息子は目をつけていた折り畳みツールキットを選べて、ご満悦。ゆうぽんはウエストポーチ。
 そして午後は、リカーブ技術講習会。講師のMさんの他に、転勤しちゃった、いけやんも来ていて、各々が射を見てもらったり、質問したり。
 どうにも下半身がフラつく(上半身だけで引いている)息子に適格なアドバイス。セットアップの状態から、太ももの内側に手を当て「ここに力を入れてみて」。触れられている事で意識しやすくなり、重心が落ちる。ずい分、いい感じ。
「下半身に意識を」「どっしりと重心落として」「両脚の付け根から地面を感じるように」等々、 私も今まで色々言ってきたんだけど、なかなか伝わらなかったので、なるほどー、上手い教え方だと感心してました。
 色々、話を聞くのに熱中してしまったので、写真撮るの、忘れちゃったけど。


最近のしんちゃん:なんだか、声のトーンが
低くなった。 ノドボトケは出てきてないけど、
いつヒゲが生えるのか、 ドキドキものです。