キャデット・ボーイ

shoot:50 地震、その後
2011.4.8


※ 的の色は:中心から黄(10,9点) 赤(8,7点) 青(6,5点) 黒(4,3点) 白(2,1点)
 地震、怖かったねー。被災時、しんちゃんは学校の3階にいました。上の方がゆれるって、本当だったんだー。でもあれは例外だよ。 普通にでかいもん。壁掛けの時計なんか、すぐに落ちるもん。 学校も色々被害受けちゃったからさー、まあ休みは増えたけどね(苦笑い、しとこう)。
 まあ、なんだかんだでけっこうアーチェリーできなかったんすよ。それで月例会、いどんだんだよ。3本射って、疲れるー。また3本射って、疲れるー。 の、くりかえしなのだ。なんか、デジャブ?
ネコちゃんと
すごく風の強い日

解説:母 3月11日に起きた、東日本大震災。ここを読んでくださってる皆さん、大丈夫でしたか? 栃木県は震度6強でした。
射がもどる
ゆうぽんです
 私は渋谷アーチェリーさんとインポートギアさんへの弓具代金の振り込みで、郵便局にいました。家の中にいなかったのは幸いだった気がします。 帰った家の中は、足の踏み場がありませんでしたから。アーチェリーの強運か?
 我が家は外壁に数カ所の亀裂、各部屋の壁も亀裂が生じました。(一部損壊で地震保険が降ります)
 その後は、停電やら世の中の混乱で、地震から2週間過ぎてようやく射場に。地震は金曜日だったので、その前の練習からすると丸々3週間、空いてしまいました。
 さすがに3週も空いたので、息子もゆうぽんも、射が悪い。まあ、久しぶりに顔を合わせた仲間達の元気な顔を見るだけでもいいかと。ちょうどガソリンの販売も、ぼちぼち落ち着いてきた頃だったので、震災後初めて射場に来たって人が多かったけどね。
 おかげで翌日の月例会は、みーんな、低調。練習してないもんなぁ。
 宇都宮市内でも地盤によって被害のひどかった場所もありました。会社が被災して建物が使えなくなり、しばらくの間、県外への異動になってしまった会員や、家族がいます。 ああっ、クラブ運営の貴重な人材が、県外にっ! ちゃんと栃木に帰ってきてねー。待ってるから! また、消防士で福島への救急隊派遣になった人も。気をつけて行ってらっしゃい!
タコス
大好きなタコス。
 3月は、息子の誕生日でもあります(そして丸1年違いの、ゆうぽんも)。 しかし、地震とそれにまつわる状況で、息子は自分の誕生日を、2日前まで忘れてました。私も忘れてましたが。
 子供が自分の誕生日を忘れるなんて、めったにある事じゃ、ないですよね。それほどショックな事件だったのでしょう。 (そう思うに、今も避難所で過ごしている子供達の心は、いかほどかと。適切なケアをされる事を願います)
 誕生日には、いつも通りの大好きなタコスを作り、13歳の息子はムシャムシャとタコスをほおばっています。
 4月、しんちゃんは中学2年生になりました。
そうそう、地震の少し前から右目のまぶたが変だった息子。車のガソリンが手に入るようになってから眼科に。 ものもらいで、しばらくは目薬などを差してましたが、眼科医の予想通りに治らないので、切開しました。
眼帯
「切るよ」の現実に心の準備ができるまで時間がかかったわけで。
 息子の感想「地震よりも、目の治療の方がこわかった」。


最近のしんちゃん:この冬、じりじりと背が伸びた。
毎日見ている私でも「あれ?伸びたか?」と思うほど。
そしてついに先週、私と同じ背丈になった。
手のひらは、私より大きくなっていた。