キャデット・ボーイ

shoot:20 弓具あれこれ
2008.9.8


 まだ暑いです。9月なのに。
 いきなりですが、でかい弓、買って!!
 スタンドのゴム、
 かっこわるい!!!!

 (--;) はあ はあ はあ はあ
 ぜい ぜい ぜい ぜい
 とにかく、それだけは
 やめてくれ〜〜〜〜〜
  おねがいします!!

終 
おニューだっ!
これが新しいスタンドだっ!

解説:母 なんか、息子が大声でわめいてますが(^^;
 前回、紹介できなかった新しいボウ・スタンド。中学生大会の帰りにシブヤアーチェリーさんに寄って、買ってきました。相変わらず、お店は混んでたけど。
使ってみると
弓を置くと、こう
 ネジ式に比べて折り畳みのボウ・スタンドは、すぐに組み立てられて便利です。高いけど。アーチェリーは弓も組立式のテイクダウンが主流ですから、道具を用意するのがめんどうっちゃ、めんどうなんです。
 弓本体、大人の競技用の物なら、リム(しなる部分)とハンドル(押し手が持つ部分)同士はカチッとはめ込むワンタッチ。
 初心者用や子供用の弓は、ネジ式。価格が安いからね、そういう所で値段の差が出るの。
と、とどかん
弓が小さいからねー。

これでどうだ!
これで、どーだ!
 息子の弓も、6角レンチでグルグル回してセッティングするやつです。だから少しでも楽したいという息子は、パタパタパタ、で組み立てられるスタンドを欲しがったわけ。
 ところが・・・息子の弓をスタンドに置いてみると、あら! 弓が小さいから、ストリングを引っ掛けるピンに収まらない!
 ピンの先端は入れやすいように少し外側にカーブしているので、ストリングが挟まれずに、グーラグラ。物によっては、このピンの部分が上下に動かせるのもあるけど、このスタンド、ピンは固定タイプ。 ヽ(^・^;)ノ どーする?
 で、こうしました。(写真) 輪ゴムをグルグル巻いて、隙間を少なくし挟み込めるよう、安定させたのでした。
 でも息子は、これが気に入らずに、冒頭のように大声でわめいてます(笑)
 そんな理由で、弓、替える気かぁ?

 この写真では、ゆうぽんの弓の方が大きく見えますが、その通りです。息子の弓は56インチ、ゆうぽんは66インチ。
並んで
 ゆうぽんは春先に自分の弓を買ってもらいました。使用する弓のサイズは身長(腕の長さ)によって変わります。
 当然、成長期の子供は、買い替えを前提に考えなければなりません。
 ゆうぽんの今の身長だと、子供用のサイズで買っても、すぐに使えなくなるおそれがあります。今後を見越して、大人用のサイズ、66インチの初心者用の弓になったわけです。
押し手の返し
押し手の返しを練習中。
 息子の弓は2本目です。今、ジャストサイズくらいなので、来年になったら、新しい弓を購入しようと思って・・いるんですけど。 やっぱ66かな。そうすれば、輪ゴム無しでも、スタンドにきちんとおさまるでしょう。でも、わめいてるし、なぁ。んー。


最近のしんちゃん:ガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」。
お父さんは自分の分といっしょに息子の物も買ってくる。
2人で楽しそーに作っている。おかげで息子は、アニメを
見た事なくてもロボットの名前とかはくわしい。