キャデット・ボーイ

shoot:19 第1回 東京都中学生オープンアーチェリー大会
2008.8.20


 えへえへえへえへえへえへえへえへえへえへえへえ(にやにやしてる)
 今回の大会の目標点数400点を・・・クリアする事ができました!!(^。^) の、おかげでボウ・スタンド、ゲット!
 試合の話をします。じょばん、ちょっときんちょうしていて、点数が低くなってしまいました。 でも、後半に近付いていくにつれて、だんだんペースが上がっていきました。
試合だ!
真ん中、帽子のないのがボク。

シャア靴?
今日は3倍当たる!?
お気に入りの赤い靴。
 そして、全部終わってから前半の36本と後半の36本を比べてみると後半の方が点数が高かったです。
 ふつうならば後半は、つかれて点数が下がるはずなのに、後半の方が点数が上がったのが、なぜだかわかりませんでした。
 でもぼくは400点とれるだけでも良かったと思いました。
おわり。

解説:母 ついに来ました、中学生大会。
 今年から名称が「全国中学生アーチェリー大会」から「東京都中学生オープンアーチェリー大会」に変更。四半世紀以上も続いてきたわけですから、子供達への競技普及の役割は終わったってとこでしょうか。全国大会として開催するには、運営の大変さもありますしね。競技会開くのは、とっても大変な事なんです(実感)。東京都大会にすれば参加人数も少なくなり、少しは運営が楽になるでしょう。
ひと息
休憩のひと時。点数計算?
(撮影:ユウミママさん)
 会場は昨年と同じ、大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森、陸上競技上。息子はリカーブ18mダブル(80cm的)への参加。
 今回は、お父さんの都合がつかなかったので、電車で会場へ。浜松町からモノレールに乗ったけど、高い所が苦手な息子は怖がってた。 カーブの時など車両が傾くので「落ちたりしない?」落ちねーよっ。
 スランプ真っ最中の息子は、会場に着いても、緊張しまくり。 早めに着いたので気がまぎれるかと思い、携帯ゲーム機で遊んでてもいいよ、と言っても、しばしの後、ゲームを止める。 「ゲームしてても緊張するー」
 うーん。だめかな、こりゃ。スランプで自信を無くして、さらにそれが緊張を強くする。 最悪、この前の月例会のようにリタイアしてしまうかも?
 ・・・そんな時、知り合ったのが18m女子のユウミちゃんとご両親。 選手控えのテントの下、お隣にいらしたので、何となくアーチェリーの話になり、息子もユウミちゃんとおしゃべり始めたりして。
何点かな?
 息子よりひとつ下の4年生のユウミちゃんは、人なつこく、さわやかな笑顔。 はい、ウチのしんちゃんは、かまってくれる人なら誰でもOKなので、クリクリとして、おしゃべりです。
 ありがとう! 彼女のおかげで緊張がバッチリ、とれました!  こわばっていた顔が、みるみるゆるんで、リラックス! ユウミちゃん、君は天使だ!
 試合が始まると、9・8・6、まずまずの出だし。 息子もユウミちゃんもB立ちと、立ち順が同じだったので、待ちの時間に「ねぇねぇ何点?」などと、スコアを見せ合い、楽しそう。
天使ちゃん
真ん中、白い帽子がユウミちゃん。
 この試合、けっこう上手い事いくかも?と期待したけど、やっぱり途中でMや白黒  でも、この所の状態から考えれば上出来! 息子は同的(どうまと)の男の子達とも、おしゃべりしながら矢取りしてるし。 ハズレはあっても楽しそうに引いてました。息子の的のA立ちは6年生、C・D立ちは中学生。
 今年は猛暑が続いていましたが、この日は、陽射しは強いものの、けっこう風があってうれしい(射に影響あるけどね)。 熱中症対策のため、3エンドごとだったか矢取りの後に「給水タイムでーす。水分をとってくださーい」と、アナウンスが入る。 試合で熱中症患者を出すわけには、いかないもんね。
 前半の点数で気が楽になったのか、休憩をはさんでの後半は、調子が乗ってきて236点。 合計441点。笑える事にユウミちゃんに負けてます(^o^) 
来年も!
ユウミちゃん、来年も会おうね!

キャデットボーイズ
同的の6年生のKくん
 彼女は451点です。し・か・も! 彼女はまだ弓歴1年にも満たない、弓具は借り物で、プランジャーも付いてないのよーん。 ユウミちゃん、才能あると思う!
 同的A立ちの6年生、Kくんは511点。弓はもう大人用(64か66インチ)だったよ。 来年は距離を伸ばして30mに出るって。おおっ、志が高い!! 息子にも、そのくらいの気概がほしいもんです(^^;
 試合終了後、アーチェリーケースをゴロゴロ引きずって、モノレールの駅に向かう途中、同じ試合参加者が並ぶバス停の横を通り過ぎようとした時、
「おつかれさまでした!」
と、ひとりの少年が声を掛けてくれました。特に会場で知り合った少年でもありません。 でも同じ競技の場にいた人に対して挨拶をかけてくれる、うれしさ。
 ありがとう。私も息子も「おつかれさまでした」と返したけれど、疲れていて笑顔を返せなかったかも。 ごめんね、ありがとう。なんか、うれしいなあ。

 さて、後日試合結果が送られてきました。 18mWの部はリカーブ男子72名、リカーブ女子58名、ベアボウ女子2名の参加でした。
 息子は男子72人中56位でしたー! 調子悪いながらも、そこそこの順位ですね。 今年は、昨年に比べると小学生が少なかったように思います。男女合わせても5〜6人くらいだったのでは?
 そうそう、試合には宇都宮から、みのりちゃんがお父さんとリョウくんと3人で見学に来てくれました。 来年は出たいそうです。ゆうぽんもノッてきてるし、次の夏は3月トリオの3人で出場できるかも?
 また、来年!


最近のしんちゃん:ああー、試合終わったなー。
お盆は墓参りの他は、親子してゴロゴロ。
脱力して、ゴロゴロです。