キャデット・ボーイ

shoot:16 1年生と2年生
2008.6.8


 ・・・うつ気、しないんだもん、今日。みんな(ゆうぽん、みのりちゃん)、うってないし。みんな、遊んでるし。
 ま、2、3エンドうった。3人でマンガを読みながらいたら、気がつくと、初心者こう習会、終わってた。(^^)
 うーん、終わってたんだよねー。(^o^;) で気がつくと、みんなが帰って行く。あー、帰っちゃう。そんな感じになった。
 すると、お母さんが「うたないなら、弓かたずけなさい」と言った。そして終わった。END
ひじ下がり
2年生のリョウくん。

解説:母   今年最初の初心者講習会。子供は、みのりちゃんの弟、リョウくんと、お母さんと一緒に申し込んできた、ヒロくん。
 2年生のリョウくんは去年の講習会にも参加しているので、指導は、ある程度わかっているお父さんにおまかせ。
のけぞります
右が1年生のヒロくん。
 まっさらの1年生のヒロくん教えるの、大変。使用している弓は、息子の最初の弓。 サイズも、重さもポンドも軽く、引くには問題ないハズなんだけど、初心者にありがちに、のけぞってしまう。
 しんちゃんには幼稚園に入る前から教えてたけど、彼は弓を始めるずっと前から、私や他の人の射を目にしたり、 私が初心者に教える所を見てきてる。特に意識はしていないくても、なぁんとなく、頭の中に射の形が作られていたのかもしれない。 目から入る情報って、大きいんだろうと思いました。
決定的瞬間
決定的瞬間! 赤丸の中に、飛んだ矢が!
 ただ、ヒロくん、やる気は十分です。初めてで面白いのか、ひたすら射ってる。体は疲れて、引くのに「うー」とか声を出してるのに、休まない。・・休もうよ(^^;
 右の写真は偶然、決定的瞬間が撮れました。リリースした矢が飛んでます。この引き手の状態なら、どんなリリースしたのかは想像できると思いますが、狙っていたのは右端の的。矢は的外の左に飛んでます。
 私が横で体に触れながらサポートするとそれなりの形になりますが、1人で引かせると、すぐ忘れちゃうんだよね。
終盤近く
終盤の頃のふたり。

練習しろよ
しん、練習しろよ!
 ま、最初はそんなもんだけどさ。
 この日は午前中が月例会だったので、参加したゆうぽんと、みのりちゃんは、すでに練習終了状態。息子はやる気が薄くて、3人で遊んでました。射のお手本にならないじゃないかー!
(ゆうぽん、最近マイ・ボウになりました)
 矢数だけは、かなりにこなした2人。リョウくん、ヒロくん、次回も、がんばろう。あ、ヒロくんのお母さんも、がんばってました。
(念のため:ヒロくんの弓のリムが上下逆なのは、意図的です。まともにセットすると、下リムより上リムの方がティラーハイトが低くなるので。逆にすると、下リムが正しく低くなるので。多分製造時のプリントミスだと思う。)