キャデット・ボーイ

shoot:14 ロー・アンカー(?)
2008.4.8


 これは練習です。(いい点とっているのに、最後失敗した時)
 これがかなりショック!!!!!!! がなんども続く= ものすごくショック
になるぐらい・・・に、しない事!! けっこうむずかしい。
 そんな中なんと、レストが金ぞくレストに!!!(うれし~!)
 でもせいのうは前と同じだし、矢がすぐ落ちるから びみょう。(←矢こぼれの事)
 でも気に入っている。
春です
春です。

解説:母 前回、みのりちゃんがマイ・ボウを手に入れた事を書きました。
 で、これを機に、彼女にはローアンカーを教えました。自分の弓を手に入れた事と、彼女がとても小柄(クラスで一番前)だから。
 もともと子供は、大人に比べて身長が小さい分、引き尺も短い。 そして力が無いので弓のポンド(引く時の強さ)も軽い物しか使えない。 当然、弓のエネルギーも小さくなり、矢に勢いが無いので遠くまで飛ばせないのです。
ローアンカー?
これ、ローアンカーかぁ?

シャドーなら、こう
シャドーだと、ちがうじゃん!
 彼女は、今までのハイアンカー(引き手が口の横)のままだと、18mでもサイト(照準器)が、きびしい(目盛りを一番下にしても矢が届くかどうか)。
 ローアンカー(引き手がアゴの下)に変える事で、矢のノックの位置が下がります。 すると、矢が上向きになり、同じ照準でも当たり所は上になる。 つまり遠くまで飛ばせる。また、矢筋が体に近くなり、的中率も上がります。(ごめんね、都合で早く帰っちゃったから、写真とれなかったよ、みのりちゃん)
 ただ、初心者にはハイアンカーの方が簡単です。 体のできている高校生の部活などでは最初からローアンカーで教えたりするようですが、中学生だと、どうなんだろ?
 私は小学生はハイアンカーからにしているんですが。最初は、楽に引けた方が、いいじゃん?
 みのりちゃんがローアンカーに変えた事で、しんちゃんや、ゆうぽんもいっしょに変える事に。実を言えば、息子に関しては、前々からローに変えたかった。
こっちも・・
ゆうぽんも同様だよー(^o^;)
 が「ハイアンカーで、いい!」と、本人が納得しなかったので、ハイのままで、きていたのです。 でも年下の女の子がローに変えて、そこそこ引けているもんだから、これは、やりやすい。
「ほら、みのりちゃんもローだよぉ (^^)」
 てなわけで、3人そろってローアンカーに。でも、まだ「ちょっと低めのハイアンカー」って感じですねー。 ちゃんとアゴの下に入れろよ、と言っても「やってるもん!」との答えは返ってくるものの・・
 シャドーシューティングをさせてみると、ほら、ぜんぜん違うじゃん!  次回には、もう少しマシなアンカリングに、なってるかな?
金属レスト
 そうそう、息子のレストをスーパーレストから、金属製に変えてみました。彼のは、クセのあるハンドル (おそらくはコンパウンド用のハンドルをリカー ブに流用した物)で、レストの取付位置がカーブしてて平らじゃないんです。 スーパーレストの時も、かなり無理して付けてはいたんですが、どうにもヒゲが飛 ぶ! アロークリアランスが悪いんでしょうかね?
 いっそと思い、金属製を。付ける時には、下に1枚ウレタンテープで土台を貼らないとだめだったけどね。
 レストの左の部分は、経年劣化で青の塗装が剥がれ ました(^^; ドローイングの時に矢こぼれしないよう、折れないようにそおーっと、ピンを広げました。 もちろん広げ過ぎるとクリアランスが悪いんだけど、息子はクリッカー使ってないしね。微妙なさじ加減です。