「キャデット」って?

アーチェリー競技において年令により、種別(クラス)が分かれます。
国際アーチェリー連盟が定めたクラス分けがあり、全日本アーチェリー連盟はそれに則った競技規則を定めています(年令規定の詳細は「全日本アーチェリー連盟競技規則」を参照)。が実際の運用としては、それとは違った年令区切りである事が多いです。
これは教育制度等により、開催される大会の中でクラス分けが煩雑になり、同時に勝負の機会が同一にならないから。国際基準に合わせてしまうと、たとえば同じ高校生でもキャデットとアンダー18の2つのクラスに分かれてしまいます。
日本国内での大会(国際大会予選等は除く)において多いクラス分けは、年令の高い順に、マスターズ(女子・男子)、成年(女子・男子)、少年(女子・男子)、キャデット(女子・男子)。
 年令の区切りを、おおざっぱに言うと、以下の通り。

国際アーチェリー連盟(FITA)は2012年に名称表記を、世界アーチェリー連盟(ワールドアーチェリー:WA)に変更しました。

マスターズ:
50歳以上。マスターズ大会は少ないし、また通常の大会でマスターズのクラス設定が無い場合も多いので、この年令でも成年のクラスで参加の事が多い。

成年:
少年より上の年令の人(大学生などの学生や、社会人)

少年
高校生。上手い人はひとつ上の「成年」のクラスで大会に出る人も。

キャデット:
中学生以下。上手い人は「少年」、更には「成年」のクラスで大会に出る人も、います。

種別は、試合の規模や開催形式などにより様々で、必ずしも上記の通りのクラス分けがあるとは限りませんが、年令的には中学生以下であるしんちゃんは 『キャデット男子』のクラスになります。
キャデットは、弓を引いてる、一番若い世代です。