あばうとアーチェリー

Hits.9 国体あれこれ
2014.6.12


 もうすぐ国体の県予選会が終わります。 複数回の予選をやって、合計点を元に県代表を決めるんですが。 県代表が決まったら、今度は地区予選。今年の関東ブロック予選会は栃木県開催、 運営が色々大変そうです。 そこでみごと地区予選会で上位に入れば、国体出場となります。

 少し前ですが、国体がらみの記事を地元紙で読みました。
栃木県出身の社会人の陸上選手が「ふるさと登録」で今年の国体を狙うとか。 読んだ時にあれっ?と思いました。 それって、大学生だけの話じゃなかったの? 
 大学生の場合は、出身高校の都道府県から出場できる 「ふるさと登録」があるっていうのは知ってたんですけど。 大学の所在地はどうしても大都市に集中してしまうから、 競技者人口が偏ってしまうのを防ぐためのものかと。
 調べてみたら、社会人でも「ふるさと登録」は可能なんですね。 確かに就業者数にしたって、大都市に集中してるのは大学と同様だし。 うーん、初めて知ったわ。

 そしてもう1件。日本体育協会は2020年の東京オリンピックに向けて、 五輪種目の内、国体で実施していないレスリング女子、 重量挙げ女子、ラグビー女子、トランポリンなどを 段階的に導入することを決めたそうです。
 え? レスリング女子って、国体競技に無かったんだ? あまりにも意外。  確かにオリンピック競技になってからは日が浅い(2004年アテネ)けど、 強い選手がいて、メダルたくさん獲って、 あれだけマスメディアでバンバン報道してきてるのに。 競技力の向上云々とか言うのなら、もっと早くでも良かってのでは?
 とはいえ、それも2020年が決まったからの事であり、 それが無かったら、どうだったんでしょうねー。 オリンピック効果は、かくも大きい。
 国体競技に入る他種目の方々、良かったですね。 国体が有る・無しで強化対策も違ってきますもんね。新たな目標設定も出来ますし。

 ・・・って、今回はアーチェリーとは関係の無い話でした。



近況:息子、70mWでなかなか550点をアップ出来ず。
黒バッジめざしてがんばれよ。
この春も初心者講習会を経た入会者が多いです。