あばうとアーチェリー

Hits.8 雪原に泣く
2014.3.8


 何でしょーね、今年の冬は。雪、降り過ぎ!
立春の雪をかいて、だいぶ射場の状態が良くなったかと思ったら、大雪。 そして、1週間後にまた・・。2月17日の状態の写真です。
大雪あと
スキー場じゃないよ。
 宇都宮市は雪国じゃないので、今年ほど雪かきした事は無いです(主に射場を)。 雪かきで手のひらにマメができたのも初めて。
 射場に着いた頃に気温が2度とか3度の低温でも、 風が無ければ練習するのに問題はないですね。 太陽あれば暖かい。雪かきしてると、暑い!汗びっしょり!
 で、うんざりするほどの雪で埋もれた射場を、 とりあえずシューティングラインの雪をかき、練習。 前日に誰かが練習した足跡があったので、その跡をたよりに矢取りをしていたんですが、 雪の中を歩いて行くのって疲れる!
 何度かやってたけど、歩くのが面倒になり、結局、 射場中央の舗装面を歩ける程度に雪かき。
 射場に行くたび、1時間くらい雪かき。そんな中起きた、悲しい出来事。

 県内インドアも終わったので長距離でもと、60mの練習をしていたら ・・・射を引き戻そうと思ったのにストリングを放してしまい・・・ ぽよーーーんと。 あ、雪が跳ねたな・・・。
矢は、どこかなー。普段なら、的前に転がっているであろう場所。

雪の足跡
ふかふかの雪に誰かの足跡。
 ・・・・・・・・一面、雪だ・・・・・・・・

 ええ、ありそうな場所を、探しましたよ、スコップで雪をかき分けて。 ところが、見つからない。飛んだ方向を考えたら落下地点は限られるはずなのに。 ズレた事を考えて、逆側も探したんですけど、やっぱり見つからない。
 矢に勢いが無かったんだから、そんなに埋もれているとも思えないのに。
 その日はあきらめて、帰宅。練習しつつ矢探しは、次も、その次も。 おかげでずいぶん雪かきしてしまった。しかし、どーしても見つからない。 雪が溶けて春を待つしか無いのかなー?と気楽に考えていたら、

「長期間、雪の中だと、ACEはカーボン繊維が水を吸って、 中のアルミと剥離する可能性があるのでは?」
とゆー、恐ろしいご意見が・・・。つまり矢がオシャカになるって?
 ジョーダンじゃない! ACE、高いのに!
必死になってまた雪かき。ないだろーなーと思う所でもとりあえず確認、 もう一度、初心に返って、また雪かき。
 ・・・・・・・出た! かいた雪の下、地面スレスレの所に。
 こんな深くまで潜るものなのか! かいた通路のすぐ脇、 一番最初に探した所から少しだけ手前に。 最初にあと1m、手前まで雪をかいていたら!!!!

 そして・・ああ・・気づかずに雪の上から 矢は踏まれて、折れてました。 踏んだのは他人ではなく、自分かもしれない。
 結局、矢はオシャカ。

教訓 雪の中に矢を打ち込むもんじゃない

 だって、仕方ないじゃない。雪原状態の射場で練習するなんて初めてだもん!
とても勉強になった出来事です・・・。(泣)



近況:県立高校入試のおかげで、在校生の息子は長いお休み。
FITAラウンドの試合前にガシガシ練習できると思ったら、
連日の暴風。寒すぎて、ろくに射てない!
せっかくの休みなのにー!