あばうとアーチェリー

Hits.20 FIVICSアーチェリーセンター
2015.11.12


 夏ごろの事ですが、今年の宇都宮の初心者講習会に参加後入会された社会人の方が、 仕事で韓国出張されると聞きました。 初級者ですからマイボウには遠いのですが、興味があるから韓国の弓具店を見てみたいと (世界のトップは韓国ですよとは話に出ていたので)。
 でも聞かれて困ってしまった。韓国にアーチェリーメーカーはあっても、 ショップなんて、あるのかなあ?  国策としてスポーツの英才教育をしている国ですから、 一部のエリートしかアーチェリーしてないんじゃなかろうか?
 と思ったところで、思い出したんですよアーチェリー誌の記事を。 2015年7月号に載ってましたね。 韓国アーチェリーメーカーのFIVICSが水原市(スウォン市) に総合アーチェリーセンターを開設と。 ショールームやアーチェリーカフェ(?)もあるとの記事です。 やはり韓国では一般の人がアーチェリーできる場所はほとんど無いそうで、 普及のためにこの施設を開設したとの事。 時間があったら、行ってみてはどうでしょうかと伝えます。
FIVICSパンフ表紙
パンフ表紙
 その後「行ってきました」とお菓子のお土産と共にパンフレットをいただきました。 3ツ折りのカラーパンフレット。
(以下の写真はスキャナーできれいに取り込むと著作権の侵害になっちゃうかな? と思ったので、撮影にしました)
 小さなシューティングレンジもあって、気軽に弓が射てるそうです。 で、射ってきたと。
 パンフは韓国語なので、ぜんぜん読めませんが、まあ行射方法や注意事項、 狙い方などが出てますね。 レンジの料金等が知りたかったので、悪戦苦闘して翻訳してみました。 (入力をハングル語の設定にして。 でもパーツ状態のキーボードビューアのキーをどうタイプしていいのか、 それから調べる有様でしたが)以下が翻訳したもの。
-------
 FIVICSアーチェリーセンター利用案内
体験 事前基本教育5分含む
3発(1人)アーチェリーカフェ利用時無料クーポン発行
10発1セット(1人) W10,000
10発2セット(2人以下)W15,000
10発3セット(3人以下)W20,000
FIVICSパンフ表面
パンフ開いた表面。真ん中が利用案内。
 時間当たり
 30分 W10,000
 1時間 W15,000
 3時間 W30,000
 終 日 W50,000



クーポン会員(会員券)1回は1時間含
5回(30分レッスン1回含む)有効期間1ヶ月 W65,000
10回(30分レッスン2回含む)有効期間3ヶ月 W120,000
30回(30分レッスン3回含む)有効期間6ヶ月 W330,000
50回(30分レッスン5回含む)有効期間1年 W450,000
--------
 今日の相場だと1ウォン=0.1061円、1万ウォンなら1,060円くらいですね。
施設内のアーチェリーカフェを利用した人は無料で3射できる、と。 翻訳ソフトに入力したら「3射」じゃなくて「3発」って訳してくれたんですけど。 「射」でもいいのかなぁ?
FIVICSパンフ中身
パンフ中
10射で1060円は高いと思うけど、やり方覚えれば時間あたりで1時間1,590円くらいなら、 民営では妥当な金額ですかね。
 初心者向けの弱い弓が置いてあるし、距離も室内で短いから「ものは試し」 で遊んでみるのはいいかもしれませんね。そこを入り口にして普及させようと。 マイナースポーツはメーカーだって努力して競技人口増やさないと。
 もし韓国に旅行予定があるのなら、のぞいてみるのも面白いかと思います。

住所:京畿道 水原市 勧善区 勧善路668番道42(勧善洞)
キョンギド スウォン市クォンソン区クォンソン路 668番道42(クォンソンドン)
営業時間:11:00~22:00
定休日とかは不明。(さすがに全部翻訳するには、気が遠くなるので)



近況:アウトドアの締めくくり、1年の最大イベント、宇都宮市長杯が終了。
参加者多いのはいいけど、射場が狭いなあ。来年はどうしよか。
家に帰った後には、気絶したかのようにコタツで寝てました。
まだ諸経費の書類、作ってないや。